ひとりきりの一日、消える

義父母が旅行に行っているので、夫と息子を送り出せばひとりきりの一日を過ごせると思っていましたが、その夢は泡のように消えました。
息子が熱を出したからです。深夜、目を覚ました息子の体温が高いことに気づき、常備していた座薬を入れて寝かせました。

朝、息子は園でプール遊びがしたいから園に行きたいと言いましたが、熱が38度近いので休ませました。
Eテレにも飽きて、遊ぼう遊ぼうとせがまれ、家事がほとんどできませんでした。
かろうじて洗濯物と昼食作り(本人は希望により子ども用レトルトカレー、私はパン、つまりほとんど何も作っていない)は済ませました。

38度近い熱があるんだからおとなしくしてほしいと思ったところ、解熱剤(飲み薬)が効いたのか眠りました。
その間に洗濯物を片付けて、私自身も昼寝しました。

お昼寝後はおとなしく、なんとか食事と風呂の支度はできました。
シャワーだけ浴びさせて、寝かしつけましたが、午後おとなしくしていた分、寝室で暴れていました。

風邪を引いた息子が一番大変ですが、世話をするほうも大変でした。