まさかアプリで出会えるなんて!

タイトルにもある通り、まさか自分がアプリを使って今のセフレに出会うことになるとは思ってもいませんでした…。というのも、やっぱりアプリを通して見ず知らずの人と会うってなんだか怖く感じてたんですよね。最近ではアプリを通しての出会いも浸透していて使い方を間違えなければ特別怖いものでもないということは分かっていたんですが…。アナログ人間なのでどうしても抵抗があったと言いますか。
なんでそんな私がアプリでセフレ探しすることになったのか、というのは大した理由でもありません。友達に勧められたからです。しかもその2人の友達は既にそこでセフレが出来ていたんです。身近な人が使っているって安心感が出てくるんですよね、単純だとは思いますが。あまり乗り気でなかった私も友達に勧められるままに、友達がよさそうだとアドバイスをくれた方と会ってみることに。もちろんその前に何回かメッセージのやりとりはして自分自身でも優しそうな人だなというのは感じていました。
当日は、人見知なので緊張…。この性格もあってアプリを使うのをためらっていたというのもあります。どんな人かな?と待っているとふと声をかけられました。そこにはスラリと背の高い長身の男性が。プロフィールで背丈についてもチェック出来たんですが、実際に目にすると180センチって大きいですね。たわいもない会話で笑いあって、その日は2時間ほどお茶をして帰りました。運が良いことにお互い気が合うと感じていたので、次あった時にはもうおつき合いの話に。自分がまさかアプリでセフレを見つけるとは、とまさかの思いでした。
宮崎県 20代 女性 学生

年末のテレビ番組は最高

年末になってくると、テレビはにぎやかになり、特番が増えてなかなかおもしろい番組が多い。
お笑い芸人でも安定感のある人たちが出る特番はとにかく本当におもしろい。一家で一緒に笑えるので雰囲気も良くなる。
しかし年末はとにかく忙しい時期なので、なかなか決まった時間に家でお茶の間を囲む事はできない。
録画し忘れてしまったときのあの絶望感と、一刻も早く帰りたいそわそわ感は本当に疲れてしまう。
なるべく見逃してしまうことがないように友人たちと互いに確認しあって、年末はいつも必死になっている。

姉の犬はちょっとむかつく

私には容姿が良く似た姉がいる。姉の飼っている犬も私と姉を間違えるほど、似ている。
姉の家に遊び言った際にその犬はまるで姉と勘違いしているのではないか?と思うほど私にしがみついてくる。
そこまでべったりされると私もなんだか嬉しくなり、愛着もどんどん湧いてくる。そして一緒にいる時間が長くなった。
犬はかしこいもので、何度も会うと私と姉の区別を明確につけてくる。
犬がうとうとしていたので私が背中を撫でてやると、ぷいっとそっぽを向かれた。そして姉が撫でると向きをまた戻して幸せそうな顔をして眠ったのだ。
そこそこ傷ついたので私はこっそり起こさないようにその場から帰った。

母のお世話になっている施設への年末のご挨拶に行ってきました。

母が8年前から入所させていただいている特別養護老人ホームへ年末のご挨拶に行ってきました。大体母の誕生月に行われる誕生会、
それから春の桜の時期に行われる春の施設祭り、旧盆の時、秋のお彼岸の時期に行われる秋の施設祭り、そして年末とその都度粗菓をもって日ごろお世話になっているお礼に行きます。
お礼は職員さん全員にわたるようにお菓子が喜ばれます。だからいつも同じお菓子100個です。
本来私たち家族がしなければならないことをしていただいて、こんなありがたいことはありません。職員の皆さん、本当にありがとうございます。